SS

【SS】咲-Saki-野球編

恒子「球春到来!」

恒子「固いバットを振るのは男だけじゃない!」

恒子「球を握り持つのは男だけじゃない!」

健夜「ちょっと何その言い方!?」

恒子「女の子だって野球が好き!野球やろうぜ!」

恒子「お前らTVの前に集合だ!野球見ようぜ!」

恒子「この試合を実況するのはこの私!福与恒子!」

恒子「そして解説は、沢村賞と三冠王を同時受賞という輝かしい経歴を持つ」

恒子「存在そのものがチートと言わざるえないアラフォー、小鍛治健夜プロ!」

健夜「年齢は関係ないでしょ!?っていうか私アラs・・・」

恒子「間もなくプレイボールです!」
続きを読む

玄「まつみけべつばら」

『松実家のお昼』

宥「玄ちゃーん、今日のお昼何がいいー?」

玄「んー・・・、なんでもいいよー」ゴロゴロ

宥「なんでもいいが一番困るんだけど・・・」

玄「えーっ、じゃあ・・・」ちらっ

TV「本日の隠れた名店はここ!本場大阪のたこ焼きが・・・」

玄「たこ焼きがいいー」パタパタ

宥「たこ焼き?」

宥(食材あったっけ?・・・たしかタコはあった気がするけど)ゴソゴソ

玄「あっ、無理ならいいよー」グダグダ

宥「玄ちゃんが食べたいって言うなら作るよー」ゴソゴソ

玄「んー♪おねーちゃんはやっぱりやっさしい!」

玄「そうだ!せっかくだからみんなも呼ぼうよ!」

宥「いいよー」ゴソゴソ

30分後

憧「良かったの宥姉?来ちゃってから言うのもあれだけど」

宥「うん、みんなで食べた方がおいしいし」ニコッ

穏乃「たっこ焼きパーティー!たっこ焼きパーティー!」うきうき

灼「ちょっと穏乃、少し落ち着きなよ」どうどう

玄「阿知賀麻雀部、全員集合だね!」

穏乃「たまにはこういうのもいいですよねー」わくわく

玄「じゃあ焼くねー」

憧「えっ?玄が焼くの?」

灼「大丈夫?」

玄「おまかせあれ!」

宥「ひっくり返すのはおねーちゃんがやるね」

30分後

宥「はーい、出来たよー」

穏乃「わー!おいしそう!」

憧「見た目はいい感じね」

灼「あっ、私青のりいらない」

玄「それではでは・・・」

玄 宥 穏乃 憧 灼「いただきまーす」パクッ、ハフハフ・・・

穏乃「んー♪おいしいー」モグモグ

憧「家でやるたこ焼きっていうのもいいわね」モグモグ

灼「出汁で食べてもおいしいかも」モグモグ

玄「よーっし、おねーちゃん!ドンドン焼こうよ!」モグモグ

宥「もうタコないよ」モグモグ

玄 穏乃 憧 灼「・・・・・・・・・・・・・えっ?」

宥「今ので全部タコ使い切っちゃった」モグモグ

憧「ええーっ!?ちょっと宥姉!」

灼「たこ焼きパーティー終了のお知らせ?」

穏乃「ううっ、私まだ物足りないや・・・」ぐぅ~

玄「どうするの~!?おね~ちゃ~~~~あん!」

宥「えっと・・・、じゃあタコ以外のもの入れてみる?」

数分後

宥「たこ焼きに入れれそうなもの持ってきたよー」ドシャァ

憧(タコが入ってないたこ焼きを、たこ焼きって言っていいの?)

穏乃「わー、たくさんありますねー」

灼「ちくわにチーカマ、ウィンナーにたくあんにツナ缶、チョコまであるや・・・」

玄「おいしいのかなこれ・・・、あっ!これは・・・!」

宥「ちっちゃい丸餅が残ってたの、一口大に切ってたこ焼きに入れてみよっかなって」

玄「やってみようおねーちゃん!おもちたこ焼き!」

数分後

宥「はい出来たよ、おもち入りたこ焼き」

玄「それでは早速・・・」

玄 宥 穏乃 憧 灼「いただきまーす」パクッ、ハフハフ・・・

憧「これは!?」モグモグ

灼「・・・イケるね」モグモグ

穏乃「おいしい!おいしいですよ宥さん!」モグモグ

宥「良かったー」モグモグ

玄「おもちって偉大だね!」モグモグ

一時間後

玄「んー、色々作ったねー」

灼「ぬか漬けたこ焼きは微妙だったね」

憧「私は以外と柿の種たこ焼きがおいしかったわ」

穏乃「あえての具なしもおいしかったよ!」

宥「冷蔵庫の余りものも使えて、一石二鳥だったよ~」

憧「・・・まぁでもやっぱ、普通のたこ焼きが一番おいしかったわね」

灼「でもまぁ、楽しかったし」

穏乃「みんなで食べると楽しいですもんね!」

憧「そりゃそうだけどー」

宥「ごめんね憧ちゃん、私がタコ切らせちゃってたから・・・イカならあったんだけど」

憧「別に宥姉が悪い訳じゃ・・・・・・・って、え?」

灼「宥さん、イカはあったんですか?」

宥「うん、でもイカは邪道かなって・・・」

穏乃「そういう問題!?」

玄「まぁイカ入りたこ焼きって、タコ入りイカ焼きくらいややこしいからねー」

憧「そんな言い方したら、そりゃややこしいわよ!」

灼「イカでもおいしいと思うけど(哲也でもやってたし)」

穏乃「でも私、今日で学びました!」

玄「ほほう、しずちゃんは何を学んだのかな?」

穏乃「ご飯は何を食べるかより、誰と食べるかが大事なんですよ!」

憧「それ言われたら・・・」

灼「穏乃良いこと言うね」

玄「おねーちゃんの作るご飯はおいしいもん♪」

穏乃「そうですね、憧の料理だとこうは・・・」

憧「何ですって?」ゴゴゴゴ

穏乃「あっ・・・(しまった)」

憧「しず~?ご飯は何を食べるかより、誰と食べるかよね~?」ニコニコ

穏乃「いやっでも、憧の料理はまだまだ未熟だし・・・」

憧「しずぅ~?今晩うちでご飯食べな~い?」ニコニコ

憧「もちろん私の、手・料・理♪」ゴゴゴゴ

穏乃「ひぃ~!それはご勘弁だよー!」ピューン

憧「こらーしず!逃げるなー!」ドタバタ

灼「いつも通りだね、あの二人は」クスクス

玄「憧ちゃん、お料理は苦手だからね」あはは・・・

宥「ふふっ、なんだかあったか~い」ニコニコ




『菫と照の夕飯』

菫「ほら照、煮えてきたぞ」グツグツ(鍋が煮える音)

照「・・・」

菫「なんだ照、自分でよそわないのか?全く、仕方ないな・・・」ヤレヤレ

照「・・・菫」

菫「どうした照?今よそってやっているぞ?」カチャカチャ

照「・・・二週間」

菫「ん?」

照「私が菫の家での夕飯のお誘いを受けて二週間」

菫「そうか」カチャカチャ

照「私はこの二週間、毎日菫の家で夕飯を食べている」

菫「毎日誘ってるからな」コトッ

照「拉致られてるの間違い、部活終わったらすぐに」

菫「細かいことは気にするな」グツグツ

照「そして毎日私は、菫の作った鍋を食べさせられてる」

菫「毎日味は変えてるだろ」グツグツ

照「塩だったりキムチだったり豆乳だったりしたけど、結局は最後に鍋がつく」

菫「細かいことは気にするな」グツグツ

照「気にするよ!ていうかなんなのこれは!?」バン!

菫「突然大声を出すな、びっくりする」

照「なんなの!?菫は私を太らせて食べる気なの!?」

菫「なんだその童話みたいな想像は・・・」

照「私ももう限界なの!毎日拉致られて、毎日鍋食べさせられて!」

菫「なんだ鍋は嫌いだったのか照?」

照「こう毎日だとこうなるよ!っていうか今更聞くな!」

照「なんなの菫!?どんな意図があってこんなことするの!?」

菫「照、私たちは阿知賀でなにを学んだ?」

照「菫が気持ち悪いストーカーってこと」

菫「照、真面目に答えてくれ」

照(真面目に答えたんだけど・・・)

菫「・・・照、この間の話を忘れたのか?宥はあったか~いものが好きなんだ」

照「だからってなんで鍋!?」

菫「知らないのか照?昔からこう言う・・・」

菫「胃袋を制す者は、恋愛を制すると・・・!!」グッ!

照(・・・なんか違う気がする)

菫「あったかい料理と言えば鍋だ!だから私は今、鍋料理を特訓してるんだ!」

照「だからってなんで私が味見役をしないといけないんだ・・・」ブツブツ

菫「ほら照!さっさと食べろ!あーんしてやるから」ヒョイ

照「自分で食べれる・・・あむっ」パクッ

菫「どうだ照、味は?今日は味噌ベースの鍋なんだが」

照「・・・んっ、・・・味はいけてる」モグモグ

菫「そうか!」パァアッ

照(この二週間で、大分料理の腕を上げてる・・・)モグモグ

照(元々菫はあんまり料理なんかしてなかったのに)モグモグ

照(・・・菫、本気で恋してるんだ)モグモグ

菫「はぁー・・・、早く宥に私の手料理を食べさせてあげたい」ヌギヌギ

照「ぶーーーーーーーっ!」(吹き出す照)

菫「どうした照?汚いぞ」ヌギヌギ

照「げほっごほっ・・・、なんで菫服脱いでるの・・・」

菫「暑いからだ、人間暑かったら服を脱ぐだろう?」ふぅ

照「だとしても、時と場合を考えてよ!」

菫「ここは私の家だぞ?」

照「うぐっ・・・、でっでも私がいるんだよ!?」

菫「そんな関係でもないだろ、裸くらい気にするな」

照「気にするよ!ていうか食事時なんだよ!?」

菫「宥!私はお前の胃袋を絶対に掴んでみせる!」(無視)

照「・・・」

照(やっぱりこの菫は、気持ち悪い)




カン

洋榎「ゲームセンターSX主将の挑戦」

洋榎「みなさんどうも、主将の愛宕です」 

洋榎「えっとね、いきなりなんですけど、うちなんかゲームやらなあかんらしいんです」 

洋榎「しかもエンディングまでやれとのことで・・・」 

洋榎「一日でんなもんクリアできるんかい、って思ってますけど」 

洋榎「おえらいさんからの頼みでもあるんで、まあ一応がんばります」 

洋榎「・・・あっ、あとSXってのは咲とSSからとったらしいです」 

洋榎「本家がCXやからね・・・真ん中にEとかいれたらあかんで?」 

洋榎「ええー前置きはこのくらいにして、今回挑戦するソフトはこれです」 

洋榎「『スーパーマツミシスターズ』、名作やね」 

郁乃「スーパーマツミシスターズ」(ナレーション) 

郁乃「1985年、立天堂から発売されたアクションゲーム」 

郁乃「さらわれたスミレ姫を、悪の大魔王テルーから主人公ユウが救い出す名作アクション」 

郁乃「現在も続編が作られ、立天堂と主人公ユウの名を全世界にしらしめたソフト」 

郁乃「赤いマフラーのドットで、見た目も分かりやすいキャラクターが有名」 

郁乃「社会現象にまでなったこのソフト、洋榎ちゃんは今日一日でクリアできるんやろか?」 

洋榎「そっかー、しょっぱなこれかー」 

洋榎「いやー懐かしいなあこれようやったわ、・・・って」 

洋榎「発売当時、うちまだ生まれてないけど(笑)」 

洋榎「いやでもほんま、めっちゃやってたで」 

洋榎「・・・スーハミのやつやけど」 

洋榎「まぁでも、基本一緒やろ?こんなもん余裕やろ?」 

洋榎「ハミコンより、スーハミの方がムズいやろうしな」 

洋榎「ちゃちゃっとクリアしちゃいたいと思います!」(ドヤ顔) 

洋榎「それじゃあいくでー・・・」 

洋榎「ゲームセンターSX!シュショオーン!」パチッ 

テテンテンテンテ~ン♪ 

洋榎「あぁ~懐かしいな~、この音楽!」 

洋榎「マツミシスターズ!って感じがするわ!」 

洋榎「・・・えっと、ジャンプがたしかAで・・・」 

ピョンピョン 

郁乃「いきなり操作方法を確認する、洋榎ちゃん」 

郁乃「こんなんで大丈夫なんやろうか?」 

洋榎「ほんで・・・Bでダッシュ・・・」カチカチ 

テン!テテンテテンテン! 

洋榎「あっ」 

郁乃「いきなりの凡ミス!」 

郁乃「雑魚敵リコボーに当たって、一機消滅!」 

洋榎「・・・・まあまあまあ、まだ始まったばかりやから!」 

洋榎「多分1ー1のリコボーって、一番シリーズの中でユウ倒してるんちゃう?」 

郁乃「よくわからない言い訳をしたところで、再開」 

洋榎「よっと」 

ピョン、ポコン 

洋榎「へへっ、雑魚のリコボーなんかにそう何回もやられへんで!」ドヤァッ 

郁乃「ただのリコボーを倒しただけで、この顔」 

洋榎「ほんでたしか、ここのブロックを叩くと・・・」 

ピョン、ヴヴッ 

洋榎「この赤ウーピンでパワーアップすんねんな」 

郁乃「このスーパーマツミシスターズにはパワーアップアイテムが存在」 

郁乃「赤ウーピン以外にも、赤ウーソウ(ファイヤーユウ)やおもち(無敵)などもあるで」 

洋榎「これで一回敵に当たっても、大丈夫やな」 

洋榎「まっ、こっからノーミスやけどな(笑)」 

郁乃「すぐに調子に乗る洋榎ちゃん、そんなことを言ってると・・・」 

ピョン、スルッ 

洋榎「あっ」 

テン!テテンテテンテン! 

郁乃「穴に落ちてしまい、またもや一機消滅!」 

郁乃「1ー1にして早くも二回目のミス、この先ほんまに大丈夫なんやろうか?」 

洋榎「・・・あはは~、さて準備運動もここまでや!」 

洋榎「次からは本気やで!もうしょうもないミスはせえへん!」 

郁乃「最初から、本気でやってもらいたいもんやわ・・・」 

テテンテンテンテ~ン♪ 

洋榎「はいはいはい!いそぐで~!」 

ピョンピョンピョン 

洋榎「はい、ゴ~ル」 

タタタ~ン♪ドン、ドン、ドン 

郁乃「なんと、以外にも宣言通りあっさりと1ー1クリア」 

郁乃「勢いそのまま1ー2へ」 

ダダダダダ♪ダダダダダ♪ダラダッダッダッダダダダダ♪ 

洋榎「そういや1ー2は地下やったな」 

洋榎「ん?ブロックだらけやな・・・これ壊せたっけ?」 

ピョン、ガスッ ピョン、ガスッ 

洋榎「おぉ!壊せる壊せる!」 

ガスッ、ガスッ、ガスッ、ガスッ 

洋榎「あ~、画面の全部のブロック壊したい~」 

郁乃「横道に逸れてる洋榎ちゃん、そんなことをしてると・・・」 

ポコン、カン、カン 

洋榎「あっ」 

テン!テテンテテンテン! 

郁乃「雑魚敵タコタコが画面端のブロックに跳ね返り、それに当たってまたもやミス!」 

郁乃「これで三機消滅、ということは・・・」 

ダダダ~ダダダ~ダ~♪ 

洋榎「あっ、ガメオベラ」 

郁乃「1ー2でゲームオーバー!ちょっとやる気ないんとちゃう?」 

洋榎「んー・・・あかんな、こんなんしてたら長なってしまうわ」 

洋榎「もうこうなったら、本気の本気でクリアすんで!」 

郁乃「また口だけは達者な洋榎ちゃん、この言葉どこまで本気なんやろ?」 

郁乃「そして二分後、1ー2」 

洋榎「ふふふっ、うち知ってんねん実は・・・」クックックッ 

洋榎「1ー2にはワープゾーンがあるんを!!」 

郁乃「そう、実はこのゲームワープゾーンが存在してんの」 

郁乃「それを使えば一気に4ー1まで進めてまうんやで、けど今回は・・・」 

恭子「ああっ!ちょっと待って下さい主将!」 

洋榎「ん?なんや恭子?」 

恭子「主将、今回の挑戦ワープは禁止です」(AD) 

洋榎「えっ!?なんでやねん!?」 

恭子「なんでって・・・そんなんなんかずるいとか思いません?」 

洋榎「いーや、全然」キッパリ 

恭子「・・・」 

郁乃「AD末原ちゃんの言葉も、愛宕主将の耳には届かんようやね」 

恭子「とっ、とにかく!あかんもんはあかんのです!」ズイッ 

哩「ちょっと、右ば寄りすぎよ」(カメラマン) 

恭子「あっ、・・・すいません」 

洋榎「あはは~恭子、怒られとおる~」ケラケラ 

恭子「主将!」 

洋榎「はいはい、もうわかったわかった」ヤレヤレ 

洋榎「ワープは使わんかったええんやろ」ハァッ 

恭子「・・・よろしくお願いします」スッ 

郁乃「カメラマン哩に怒られながらも、なんとか主将を説得して末原ちゃん退場」 

洋榎「はー、どうせ全部の尺使うわけやないのにね?」 

洋榎「せっかくこっちが、編集しやすいように気い使ったってんのに」 

洋榎「まったく、どんなけうちにゲームさせたいねん(笑)」 

洋榎「それにしても一面一面かぁー・・・」 

洋榎「これほんまに今日中に、クリアできんの?」 

郁乃「少し動揺を感じ始めてきた洋榎ちゃん!」 

郁乃「このまま今日中にエンディング画面を見ることはできるのか?」 

3時間後

洋榎「ふぅっ、ようやく5ー1か」

郁乃「ようやく折り返しまできた洋榎ちゃん」

郁乃「しかし!この5ー1のステージが洋榎ちゃんを苦しめることに!!」

洋榎「・・・ん?なんやこのステージ・・・」カチカチ

洋榎「なんか・・・操作しにくい・・・」ポチポチ

郁乃「なんとこの5ー1のステージは、風が吹いてんのや!」

郁乃「そのため、若干ユウの操作性が不安定になってんねん」

郁乃「さらに・・・」

洋榎「げっ!?しかもこの先、落ちる床ゾーンやん!」

郁乃「そう!このステージは、『マツミシスターズ』でも屈指の難面として有名!」

郁乃「この難関ステージ、洋榎主将はクリアできるんやろうか?」

洋榎「まぁでも残機はまだたっぷりあるし、なんとかなるやろ」

洋榎「さぁ行くでぇ!」ポチポチ

郁乃「意気込む洋榎ちゃん!・・・やってんけど」

1時間後

洋榎「これが最後の・・・ってあっ!」

テン!テテンテテンテン! 

ダダダ~ダダダ~ダ~♪ 

洋榎「」

郁乃「洋榎主将ここに来て全機消滅!また1ー1からのやり直し!」

洋榎「あぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~・・・」

洋榎「なんでやぁ~~~~~~~~~~~~~~・・・」グッタリ

郁乃「ここに来ての戻し作業に、流石の洋榎ちゃんも意気消沈」

郁乃「っと、ここで・・・」

恭子「主将、お疲れさまです」

郁乃「AD末原ちゃん再登場」

洋榎「なんや恭子・・・うちを笑いにきたんか?」

恭子「ちゃいますよ、ちょっと冷えピタでも貼って頭冷やしてください」ビリッ

洋榎「んっ」ペタペタ

郁乃「末原ちゃんは優しいな~、わざわざ冷えピタ貼ってあげるなんて」

恭子「主将、どうですか『スーパーマツミシスターズ』?」

洋榎「うんまぁ、人並みやけどやっぱ・・・」

洋榎「おもろいな!」あははは

郁乃「なんだかんだで、ゲームは楽しんでいたような洋榎ちゃん」

恭子「どうですか?今日中にクリアできそうですか?」

洋榎「う~~~~~~~ん・・・正直微妙・・・」

洋榎「やっぱワープゾーンを・・・」

恭子「それは禁止です」

洋榎「あぅ」

恭子「でもそのかわりに、私がある裏技を教えてあげます」

洋榎「えっ!?何々!?」

恭子「それは・・・無限アップです」

郁乃「そう!この『スーパーマツミシスターズ』には無限アップの裏技が存在すんねん!」

洋榎「おぉっ!無限アップ!聞いたことあんで!」

洋榎「どうやるん恭子?やり方教えて!」

恭子「はい、まずそのためには3ー1まで進めてください」

1時間後

洋榎「ついたでー」

恭子「ほんじゃあ、ゴール手前まで進めてください」

3ー1ゴール手前

恭子「あっ!主将!そこでストップです!」

洋榎「おっ、なんやなんや」ポーズ中

恭子「この先の階段状になってるところに、タコタコがいます」

洋榎「ふむふむ」

恭子「そのタコタコのコウラを、壁に跳ね返して」

恭子「ずっと踏み続ける状態にしてください」

洋榎「・・・・・・・はっ?」

恭子「あぁ~・・・じゃあ私が一回やりますね」

洋榎「うんわかっ」

恭子「その前に主将!」

洋榎「なっ、なんやねん急に」ビクッ

恭子「・・・一機やらしてもらってもええですか?」

洋榎「・・・なんやねんそれ」

恭子「すいません、お約束なんで・・・」テレテレ

洋榎「うんもうわかったから、はよやってや」

郁乃「ここでAD末原ちゃんがお手本プレイを披露や」

恭子「よう見といてくださいね」

洋榎「んー」ムシャムシャ(お菓子を食べる洋榎ちゃん)

恭子「ここの先から、敵がくるんで・・・ここでジャンプです」

ピョーン、ポコンポコンポコンポコン

洋榎「おぉー!連続ジャンプしてる!」モグモグ

恭子「これでほっといたら、後は勝手に残機が増えます」

洋榎「これがあの有名な無限アップかー」ほぉー

恭子「じゃあ主将、あとはお願いします」ポチッ

テン!テテンテテンテン! 

洋榎「えっ?ちょっと何やってるん恭子?」

恭子「えっ、自滅したんですけど?」

洋榎「なんでや!そのまま置いとけばええやろ!」

恭子「いや、主将自身の手でやってもらわんと」

洋榎「あぁもう!なんでいちいちそんなめんどくさいね!」

郁乃「せっかくアドバイスをくれた末原ちゃんに、ぶーたれる洋榎ちゃん」

郁乃「まっ、気持ちはわかるけどな~」

そして4時間後

洋榎「よっしゃ・・・やっと最終ステージや・・・」へとっ・・・

郁乃「やっと最終ステージに突入の洋榎主将!しかし・・・」

恭子「主将、時間です」(時計差し出し)

洋榎「うわっ!もうこんな時間!?」

洋榎「そら外も真っ暗な訳やわ」(21時30分)

恭子「主将、私ら高校生なんで22時までが限界です」

洋榎「そやなぁー、あんまり帰んの遅かったらオカンに怒られるわ」

郁乃「もう充分遅いけどね~」

恭子「この残り残機、3機がラストやと思ってください」

洋榎「ふぅー・・・なんか緊張してきたわ・・・」ドキドキ

恭子「じゃあ主将、最後まで頑張ってください」ぺっこりん

洋榎「ここぞという時に見せんのが、この愛宕洋榎や!」

洋榎「絶対クリアしたる!!」メラメラ

郁乃「と言ったものの、一機目は凡ミス、二機目は魔王テルーの前に撃沈」

郁乃「そして運命のラスト一機・・・!!!」

洋榎「来た!最後の魔王テルーや!」

郁乃「持ち前の根性で、なんとかここまで持ってきた洋榎主将!」

郁乃「この長かった戦いに、終止符を打つことはできるんやろうか!?」

洋榎「・・・あかん!手がビショビショや!一旦ポーズや!」(ポーズ中)

洋榎「うぅっ・・・なんか知らんけど、めっちゃ緊張するわぁ・・・」ドキドキ

洋榎「インハイの時より緊張してるかもしいひん・・・」ドキドキ

郁乃「サラっと、とんでもないことを言う洋榎ちゃん」

恭子「主将」

郁乃「ここで末原ちゃん、再々登場」

洋榎「なんやどないしたんや恭子?」

恭子「主将に少しアドバイスをと思って」

郁乃「最後までADとしての仕事全うする末原ちゃん、偉いね~」

恭子「主将、テルーの攻撃は角での近距離攻撃と」

恭子「コークスクリューによる遠距離の攻撃があるんです」

洋榎「うん、それはわかってる」

恭子「そしてテルーを倒すには、テルーの後ろにあるスイッチを押して」

恭子「テルーを下の溶岩に落とすことで、倒せるんです」

洋榎「なかなかに物騒な倒し方やな」

恭子「っで、そのスイッチを押すチャンスなんですが・・・」

恭子「テルーがコークスクリューを打つ前に、ジャンプをするんです」

恭子「その隙に、テルーの下をくぐってスイッチを押してください」

恭子「それがテルーの倒し方です」

洋榎「ふーむ・・・倒し方はわかったけど・・・」

恭子「どないしたんですか?」

洋榎「なんでテルーは、そんなあぶなっかしいスイッチ作ったんや?」

恭子「テルーってそういう所あるんですよ」

洋榎「恭子、テルーの何知ってんねん(笑)」

郁乃「テルーの倒し方を伝授されたところで、洋榎ちゃんゲーム再開!」

洋榎「いうてもラスト一機やからなぁ・・・慎重にいかんとな・・・」ドキドキ

洋榎「うわっ!コークスクリュー飛んできた!」

郁乃「必死に攻撃を避け、チャンスを伺う洋榎ちゃん」

洋榎「はぁーっ・・・慎重に・・・慎重に・・・」

哩(カメラマン)「くぐれ!」

洋榎「・・・」

怜(構成作家)「くぐれ!」

洋榎「・・・」

郁乃(プロデューサー兼ナレーション)「くぐれ!」

洋榎「・・・」

恭子(AD)「くぐれ!」

洋榎「あぁーーーー!!!もう!!うっさいわ!!!」

恭子「主将今です!」

洋榎「もういけぇええええええええ!!!」カチカチ

ピョーン、ポチッ

洋榎「やっ・・・やったああああああああああ!!!」わああああ

ワーワー!パチパチ!

郁乃「感動のエンディング画面がこちら」

『スーパーマツミシスターズ』エンディング画面

テルー「うぎゃあーーー、テルスミレこそ正義なのにぃ・・・」ブクブクブク

ユウ「スミレ姫!」

スミレ「ユウ!」

ユウ「助けにきましたよスミレ姫」

スミレ「ありがとうユウ!」チュッ

ユウ「まんまみぃやぁ~」ポッ

洋榎「いや~、終わった終わった」

恭子「主将、お疲れさまです」

洋榎「ほんま、疲れたわ」

恭子「正直言うと私、クリアは無理やないかと思ってました」

洋榎「なんやて!?」

恭子「でもやっぱり主将は、やってくれる人でしたね」

恭子「私、それだけは信じてましたから」

洋榎「えへへへっ、せやろーさすがやろー」テレテレ

恭子「それでは主将、締めの一言お願いします」

洋榎「あぁうん、わかった・・・えぇ・・・」コホン

洋榎「ゲームは一日一時間!」ドヤァ

恭子「それですか!?」



カン

玄「おもちブログ!」

みなさんどうも、松実玄です!

ついについについに!私ブログデビューしちゃいました!

もちろん!私がブログを書くからには

おもちによるおもちのためのおもちのブログを目指すよ!

さてさて、第一回の今回はどんなブログを書こうかな・・・

そうだなー・・・

あっ!この前出会った、北海道の小豆おもちの子のお話でも書こっかな!

とってもいい子だったんだよ~、おもちも可愛かったしね!

どんなおもちかって言うとね・・・

・・・

・・


北海道

玄「ふぅ・・・、おもちを求めて三千里・・・」

玄「ついにこんなに所までやってきちゃったや」

玄「思えば遠くへ来たものだね・・・」(遠い目)

玄「さて、折角の北海道だからね」

玄「ここでのお仕事はもう決めてあるよ!」

玄「ずばり!『おもち牧場!』」

玄「うへへっ・・・、響きだけでヨダレが出ちゃうよ」ぐへへ

玄「私はその牧場で、たくさんのおもちに囲まれて生活するんだよ!」

玄「のどかなほのぼの牧場ライフ・・・幸せだな~」ぽわわ~ん

玄「それじゃあ早速、牧場に行くとしようかな」

・・・

・・


おもち牧場(仮)

玄「ほほぉ~、小さいけれど良さげな感じの牧場だね」

??「あの・・・」

玄「ん?私?」

??「あの、もしかして新しい牧場主さんですか?」

玄「はい!そうです!・・・あなたは?」

成香「私、この近くに住む本内成香というものです」

玄「あっ、ご近所さんでしたか。どうも~」ぺっこりん

成香「こちらこそ、急にお声かけして・・・」ぺっこりん

玄 成香「・・・」

玄「あの、せっかくだし中でお話しませんか?」

成香「えっ?」

玄「このあたりの事とか、牧場の事とか聞きたいし」

玄「それに、あなたとも早く仲良くなりたいし」ニコッ

成香「・・・はい!」

成香(良かった~、新しい牧場主さん優しそうな人で)ホッ

玄(北海道第一号のおもち、ゲットといこうか・・・)二ヤッ



おもち牧場(仮) 住居エリア

玄「あれ?お部屋の中随分きれいだね・・・」キョロキョロ

成香「あっ、その・・・私が掃除しておいたんで」

玄「えっ?あなたが?」

成香「はい、元々この牧場うちが貸し出してるところ何です」

玄「あ~、そうだったんだ~」ふんふむ

成香「すいません、勝手な事しちゃって・・・」

玄「ううん!そんなこと全然ないよ!」

玄「ありがとう!私、頑張ってこの牧場続けるね!」

成香「えへへっ、喜んでいただければ私も幸いです」テレテレ

玄「ねえ座って!なんにもお構いできないけど」

成香「いや、そんな気を使って頂かなくても・・・」

玄「あっそうだ!いいものがあるや、ちょっと待ってて」

成香「いいもの?」

玄「うん!ちょっと用意するから待ってて」

玄「それを飲みながらお話しよ!」

成香「はぁ・・・」

成香(飲み物ってなんだろ・・・?)

・・・

・・


玄「お待たせー」コトッコトッ

成香「えっと・・・これは牛乳ですか?」はて?

玄「ホットおもちスペシャルだよ」

成香「おもちスペシャル?」

玄「私が作った、とっても体にいいドリンクなんだよー」ニコッ

成香「そうなんですか・・・」ジーッ

成香(・・・おいしいのかな?)

玄「あっ・・・、嫌なら無理して飲まなくていいよ?」

成香「えっ?」

玄「こんな知り合ったばかりの人の作ったものなんて、そう簡単には飲めないもんね・・・」ハハッ・・・

成香「そっそんななことありませんよ!」

成香「せっかくお出ししてくれたんですから、飲ませて頂きます!」ガッ

ゴクゴクゴクゴクゴク・・・

玄(ふふっ・・・いい子だね、この子・・・)ジュルリ

成香「ぷはぁっ」

玄「どうお味は?」ニコニコ

成香「えっと・・・、なんていうか懐かしいっていうか・・・」

成香「とても・・・あったかい味がしました」

玄「・・・ふふっ、これからも~っとあったかくなるよ♪」

成香「・・・あれ?」フラッ

成香「どうしたんだろう私・・・なんだか体が・・・」はぁはぁ

玄「ん~~~?なんだか調子が悪そうだね?」

玄「そこのベッドで横になるといいよ」

成香「えっ・・・あっ・・・すいません・・・」バタン

成香「はぁっ・・・はぁっ・・・体が熱い・・・」はぁはぁ

玄「体が熱いの?それじゃあ服を脱がしてあげるよ」

成香「あっ・・・」ヌギヌギ

玄「ふふっ、おもちとご対面~♪」

成香「はぁっ・・・はぁっ・・・」はぁはぁ

玄「あはっ!かわいいおもちだね~」

玄「先っぽにおいしそうな十勝小豆がついてる~」

玄「髪の色もきれいな小豆色だもんね~」

成香(ふぁっ・・・あれっ・・・わたし・・・)はぁはぁ

玄「きれいな白肌だね・・・、それでは早速・・・」

パクンチョ

成香「ひゃうっ!」ピクン

チュチュジュジュジュルジュル~~~

成香「んぃあん!あっん!」ピクピク

玄「ふふ~っ、おいしい~。とっても甘くておいしいおもちだよ~」

ペロペロベロベロハムハム

成香「んにゅっ!・・・ふぅぁ・・・」はぁはぁ
玄「えへへ~、成香ちゃんのおもちは敏感だね~」

チロチロイジイジ

成香「んんんんっ!いやぁっ・・・」ビビクン

玄「ふふふっ、体は正直だよ成香ちゃん・・・」

チュルルルルルルルルルルルルルルルルル~~~~

成香「ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~」ゾクゾクゾク

チュポォン!

成香「あっんんん!!!!」ビクンビクン

はてっ・・・

・・・

・・


玄「ふぅっ、いいおもちだったよ~成香ちゃん♪」

成香「ふぇっ・・・ふぇっ・・・」はぁっはぁっ

玄「北海道はでっかいどう!これからもたくさんのおもちに期待だね!」

成香「はぁっ・・・わたひのおもひぃ・・・」ピクピク

・・・

・・





北海道 新婚旅行中の照と玄

玄「・・・・なにその妄想」ジトーッ

照「いやその・・・昔の玄だったら、こんなことも・・・」

玄(おもち牧場はたしかに一度考えてたけど・・・)

玄「もう照さん!どうして照さんは昔の話を掘り返すの!」

照「その・・・ごめん」

玄「もう・・・せっかくの新婚旅行なのに・・・」グスン

照「あぁっ、ごめん玄!泣かないでくれ!」

玄「ふーんだ、許してあげないもーん」プイッ

照「ごめん玄!私が悪かった!許してくれ!この通り!」ぺっこりん

玄「・・・」ツーン

照「お願いだよ玄!なんでもするからさ!」

玄「ん?今何でもするって言ったよね?」

照「えっ」

玄「ふふふっ、今晩が楽しみだね。照さん♪」ニコッ

カン







成香ちゃんのおもちをイジりたかった
ただそれだけなんです・・・



さて、はまっちゃうやつの方も考えないとなぁー・・・

店員AKO「県内某所シャッフル大会始めます、みなさんイェ~イ!」

憧「というわけで早速Aブロック一回戦始めていきます」

憧「ホボゼンラー@一のZZ、汚いステルス@桃子のシュピーゲル」

憧「ニワカーマン二号@やえのDX、むきむき@睦月のドラゴンでお願いします」

憧「・・・えっ?ステルスさん来てない?」

憧「ステルスさーん、いらっしゃいますかー試合ですよー」

憧「トイレかしら?どうしよっか・・・あれ?ステルスさんいる?」

憧「あはー、失礼しました。それでは一回戦お願いしまーす」

モニター「DOGFIGHT LIVE!」

憧「3000コス1、2500コス1、2000コス2ですから目立った悪い組み合わせはないですが・・・」

憧「さぁ、組んでいくのはモビルファイター同士。あちらはジャンク屋コンビですねー」

憧「視点はそうね・・・、ドラゴンでいきましょうか」ポチッ

憧「2000一強のドラゴンですからねー、いや強いわー(笑)」

憧「さて開幕旗を撒きながら様子見、ZZのゲロビが怖い!」

憧「フルブじゃ色々つらいZZですが、怖いもんは怖いですからねー」

憧「そしてここでぇー、シュピーゲルがDX捉えてくー!」

憧「飯綱落としでDXダウン!っとここでZZ格闘チャージ当ててくぅ!」

憧「シュピーゲルダウン!早めに脱いできましたねー」

~中略~

試合終盤

憧「さぁここでZZ落ちて、残り500コスト!」

憧「しかしこちらも両者二落ちで、シュピーゲルはもう持ちません状態!」

憧「ドラゴン前に出ていく!こちらまだ体力まだあるんでね」

憧「そしてぇZZが目の前に落ちてくる!ここでドラゴン覚醒!」

憧「あちらもDX覚醒!シュピーゲル追ってく!」

憧「どちらが先に捉えるか!ZZ、シュピーゲル両者必死に逃げる!」

憧「あぁー!そしてここでドラゴンの特射がZZにヒット!ZZ覚醒抜け!」

憧「そして格闘チャージぱなしてくぅ!しかしドラゴン、ガードが間に合った!」

憧「っとここで、シュピーゲルがDXに着地とられて試合終了!」

憧「勝利したのはホボゼンラー@一のZZとニワカーマン二号@やえのDXですね、おめでとうございます」

一「あぶなっかたー、助かったよ」ホッ

やえ「いやーこちらこそ、よく逃げてくれたよ」

桃子「うぅっ・・・すまないっすむっちゃん先輩、私が逃げ切れていれば・・・」

睦月「ううん、こっちこそそっちに負担かけすぎてた・・・」

憧「続いていきましょう、ブラックドラゴン@玄のターンX、雑食系女子@久のνガンダム」

憧「ありゃありゃさん@灼のプロヴィデンス、ヘディング脳@絹恵のトールギスⅢでお願いします」

憧「・・・はーい、みなさんそろってますね」

モニター「DOGFIGHT LIVE!」

憧「さ~て組み合わせは・・・、あ~っと事故っていくスタイル」

憧「まぁでもνターンXなんで、まだいけるほうですね」

憧「視点はそれじゃあ・・・νでいきましょうか」ポチッ

憧「30003000の組み合わせですからねー、ワンチャンと常に隣り合わせですね」

憧「そしてぇー、あちらのトールギスがこちらをガン追い!」

憧「きっちりズンダ決めてく!うーん・・・これは前後入れ替えるかぁ?」

憧「さぁ攻める攻めるトールギス!しかしここはチャージショットで拒否ってくぅ!」

~中略~

試合終盤

憧「こちらは損傷拡大、相方ももう持ちません!」

憧「こっちが前に出るしかない!前にでていくνガンダム!」

憧「だが待ってましたとトールギス鞭で迎撃!νガンダウン!」

憧「そしてぇ!ここでぇ!ターンX覚醒!」

憧「プロヴィを掴まえた!そしてこれは・・・月!光!蝶!」

憧「月光蝶コンでプロヴィデンス落ちきった!勝利したのは3000コンビ!」

憧「ブラックドラゴン@玄のターンXと雑食系女子@久のνガンダムです、おめでとうございます」

久「ほんっと、相方ゲーだわ。ありがとねー」

玄「序盤ちゃんと前に出てあげれませんでしたから」

絹恵「すんません!せっかく自衛頑張ってくれとったのに」

灼「全覚一回しか使えなかった私が悪いよ、でもまさかあれで落ちきるとは思わなかったや・・・」

んで色々あって、決勝戦

憧「さぁ決勝戦始めていきましょう!」

憧「スイーツ(怒)@照のガンダムXディバイダー、リンシャン名将@咲のヅダ」

憧「修正されたし!@華菜のジ・O、希代のレズ@美穂子のEz8でお願いします」

憧「2500コス、1000コスが二体づつ。これはもしかしたらもしかするか~?」

憧「いやぁ~でも、決勝まで1000コス残ったのは久しぶりですね」

憧「・・・えっ?第二回以来?そりゃ久しぶりなわけね」

憧「さぁそしてドッグファイトライブから~」

モニター「DOGFIGHT LIVE!」

オォ~~~~

憧「あぁーっと!組んでしまったのは1000コス同士!」

憧「それじゃあ1000コスのどっちか・・・視点はヅダで行きましょう」ポチッ

憧「いやぁ~、シャッフルの精仕事するわ~(笑)」

憧「さぁ開幕から、ジ・Oが攻めてく!ここは様子美!」

憧「後ろでね、Ez8が180mmキャノンで援護してくれてますから」

憧「1000コス側としてはじっくり攻めたいところですねー」

憧「ディバイダーもねー、攻めに関してはいいものそろってますからねー」

憧「1000コス側きつそー、まっ自爆三回当てたら勝てるわね(笑)」

憧「さぁここでジ・O、ヅダに下格闘決めてく!」

憧「しかしEz8がしっかりカット、取られた分は取り返した!」

憧「さぁヅダここでブースト解放、前に出ていく!」

憧「そしてぇ、これはぁ・・・自爆直当て!」

憧「ディバイダーの体力一気に半分!これはおいしい!」

憧「いやー、これはでかいわねー」

憧「何より2500コス側としては、まだ相手コスが5000残ってるのが超しんどい!」

憧「こうなってくると覚醒タイミングが鍵ですねー」

~中略~

憧「さぁこれでこちらは残り2000コスト!」

憧「こちら側としては、コスオバのジ・Oを狙いたい所だけどぉ~」

憧「っとここで、ディバイダーの特射に引っかかる!」

憧「こちら残り2000コスなんでね、同時落ちは避けないとね」

憧「しかしすかさずEz8が格闘入れてく、ネットで締めて鈍速効果!」

憧「そしてヅダが覚醒!たまらずディバイダーも覚醒!」

憧「さぁここからどう攻めるかぁ!?っとこれはぁ・・・!?」

憧「覚醒技当ててくぅ!本日二度目の自爆ぅ!!」

憧「これで2500コス側は両者ミリ!辛くなってきた!」

憧「ただ1000コス側もね、残り1000コスなんで」

憧「油断はできないわね、どちらもワンチャンあるわ」

憧「そして復帰したヅダがマシンガンで追ってく!」

憧「ディバイダーバズーカ迎撃!ここは・・・無理せず逃げ選択!」

憧「さぁヅダが追ってく!なんともいやらしい追い方!」

憧「っとここで!ジ・Oが覚醒!」

憧「プレッシャーでヅダ止めた!そしてこれは覚醒技で・・・」

おぉーーーー!!!

憧「だが先に180mmキャノン間に合った!」

憧「とういわけで今回の優勝者は!」

憧「リンシャン名将@咲のヅダと希代のレズ@美穂子のEz8です、みなさん拍手ー!」パチパチパチパチ
華菜「まぁ、ドンマイだし!」

照「二回も自爆決められた・・・ないわー・・・」ずーん

憧「というわけで、優勝者コメント頂きましょう」

憧「じゃあまずは、リンシャン名将さんお願いしまーす」

咲「あっ、えっと・・・相方ゲーばっかりでした、組んでくれた方々ありがとうございました」ぺっこりん

いぇーい パチパチパチ

憧「はい、ありがとうございました。続いて希代のレズさん、お願いします」

美穂子「2回戦で敗退してしまった上埜さんのために頑張りました」(ギャラリー爆笑)

美穂子「1000コスでも頑張れるんで、みなさんも1000コス乗りましょう!」

いぇーい パチパチパチ

憧「ありがとうございましたー、そうですよねー1000コスいけますよね」

憧「だからみんなももっとドルブ乗ろう!」

玄「それはちょっと・・・」

憧「というわけで、また次回県内某所シャッフル大会よろしくおねがいします」

憧「みなさんありがとうございました、お疲れさまでーす!」

カン




何人がこのネタをわかってくれるのだろうか・・・
元ネタはこちら都内某所シャッフル大会2

ちなみに自分はバリバリの家庭用勢です
・・・フルブは2回くらいしかやったことないや

ちなみに自分のPS3ID、このブログと同じ名前で『DUMEWO』なんですよ
自分と対戦したいって物好きな方、お暇であればお相手しますよ?
・・・数合わせくらいにはなると思います(震え声)
ちなみに大尉で、勝率は50パーセントくらいですほんとは47くらい

明日の金枠とザクⅢ楽しみだなー



以下コメ返

>おっきした名無し
ちゃちゃのんは始め全然興味無かったんですが、SS書いてるうちになんだか好きになってました。・・・いつも酷い目に会わせてごめんよちゃちゃのん

6巻第44局確認しました!
あの下に何もはいてないと思うとおっきしますね(直球)


>おっきした名無し
成香ちゃんの丁寧なしゃべり方かわいい
咲-saki-まとめアンテナ
livedoor プロフィール
最新コメント
Twitter プロフィール
Twitter始めてみたよ。 使い方よくわかんないよ。(困惑)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ