前回はこちら↓


【SS】咲-Saki-野球編(試合前から1回の攻防まで)



恒子「さぁ、初回の攻防を見ていかがでしょう小鍛治プロ?」

健夜「そうですね、原村選手は味方の守備に助けられた感はありますが」

健夜「彼女は打たせて取るタイプのピッチャーなのでこの感じでいいかと」

健夜「調子も悪くはなさそうです」

健夜「宮永選手も一瞬ヒヤリとする場面はありましたが」

健夜「球自体は走ってますし、かなり調子は良さそうですね」

恒子「なるほど~、つまり今日の試合は投手戦になるということでしょうか?」

健夜「この感じで試合が進むならそうなると思います、けど・・・」

健夜「野球は最後まで何が起こるかわかりませんからね」

ウグイス嬢「4番、ピッチャー、宮永てるじゃぁぁぁぁん!」

照(何でみんなあの声に疑問を持たないんだろう・・・)スッ

恒子「さあそして!4番の宮永照がバッターボックスに入ります!」

恒子「エースで4番!まさにこれこそ二刀流!」

健夜「ワンマンチームとかならよくあるんですけどね、エースで4番」

健夜「でもこのチームで4番に座れる宮永選手は、やはり凄いですね」

恒子「ほほぅ、流石元祖二刀流の言葉には重みがありますね~」

健夜「大変なんだよ?二刀流・・・」

和(咲さんのお姉さん、宮永照さん・・・)ゴクリ

照「・・・」ゴゴゴゴゴ

和(凄まじい緊張感・・・とてつもないプレッシャーを感じます)

和(これはオカルトなんかじゃないですね、・・・私は)

和(私は今、怯えている)プルプル

咲(和ちゃん・・・)サッ

和(・・・でも大丈夫、私には咲さんがいるから)コクン

和(咲さんと二人でなら・・・!)ビュッ!

照「・・・」

パシーン!

球審「ストライクー!」

恒子「初球はアウトローいっぱいのストレート!」

健夜「今の初球は、おそらく最初から見逃すつもりだったんでしょうが」

健夜「ボール自体はとても良かったですね」

健夜「150キロのストレートなんていらないんですよ、アウトローに投げるだけでいいんです」

健夜「キャッチャーが『ここだよー』『ゆっくりでいいよー』とサインを出してくれてるわけですから」

健夜「そのサイン通りに投げればいいんです」

恒子「は、はぁ・・・」

恒子(すこやんの雰囲気が変わった?)

透華「智紀!今の球の球速いくつでしたの!?」

智紀「134キロ」カタカタ(パソコンをいじる音)

透華「ツーシーム、シュート、カットボール、スライダー、チェンジアップ」

透華「これが原村和の持ち球ですわ」

透華「原村和は、直球系のボールを使った打たせて取るピッチングスタイル・・・」

透華「基本はストレートと微妙に動くムービング系のボールばかり」

透華「スライダーとチェンジアップは殆ど投げない、特にチェンジアップ」

透華「本来チェンジアップはストレートと同じフォームで投げなければその効果を発揮しませんわ」

透華「しかし、原村和はチェンジアップを投げる時だけは若干リリースが変化する・・・!」二ヤッ

智紀「サウスポーとしては良い方のコントロールを持っているのに、そこだけはもったいない」

透華「そう、原村和の投球には『緩急』というものがまるでない!」

透華「これが原村和攻略の最大のポイントですわ!」

智紀「タイミングさえあえば、あとは捉えるだけ」カタカタ

透華「その通り!あの宮永照ならおそらく・・・」


カキーン!


恒子「快音残し!打球は左中間を破っていくー!」

恒子「この回先頭の4番宮永照選手!第一打席はツーベースヒット!」

恒子「原村選手は始めてのランナーがいきなりの得点圏です!!」

智紀「さすが4番・・・」

透華「いいですわいいですわ!この流れで一気に先制点といきましょう!」

ウグイス嬢「5番、センター、弘世ずみれぢゃぁぁぁん!」

恒子「そしてこのチャンスで打席に入るのは強肩好打の5番弘世選手!」

菫「・・・ふぅ」スッ

咲(ノーアウト2塁、一点くらいは覚悟しておかないと駄目だね)

咲(とにかくこの回は次に繋げないこと、大量失点を防ぐことに重点を置かないと・・・)サッ

和「・・・」コクン

パシーン!パスッ!バシッ!

恒子「さあカウント2ボール1ストライクとなってバッティングカウント!」

健夜「弘世選手は狙いを絞るタイプのバッターですから、次の一球は注目ですね」

和(次の球は・・・)コクン

シュッ!

菫(インロー!狙い通りだ!)ブン!

ガキーッ!

恒子「うったぁーー!センターへのこの打球!抜けるかー!?」

優希「くそぉ!」ズサー

憧「届かない・・・!」

恒子「センターへと抜けたー!セカンドランナーはどうする!?」

サードコーチャー(ハギヨシ)「いけません!ストップです!」

照「!?」キュッ!

恒子「おおーっと!サードコーチャーランナー止めたぁ!」

穏乃「おっりゃああああああああぁぁぁっっ!!!」ピシュン!

スパーン!

恒子「なんとセンター高鴨選手!センターからの見事なレーザービーム!」

健夜「タイミング的には微妙な所でしたね」

透華「ナイス判断ですわハギヨシ!」

智紀「宮永照の走塁とあのセンターの肩を考えると、ホームクロスプレーは不回避」

智紀「先制点が欲しいのは山々だけど、もしここで無理をしてクロスプレーによって」

智紀「怪我という事態になればそれこそ最悪」

透華「そう!ゲームはまだ始まったばかり!まだ無理をするような場面ではありませんわ!」

透華「そして何よりノーアウト一三塁というこの絶好機!」

透華「この場面で点が入らないわけがありませんわ!!」

智紀(それはフラグ・・・)カタカタ

菫(完璧に捉えたんだと思ったんだが・・・詰まったな)

菫(先ほどの球はおそらくシュート、あのキャッチャーなかなかやるな)

菫(流石は照の妹と言ったところか・・・)

宥「・・・」ピタッ

菫「・・・なぁ、あのちょっと」

宥「はい?なんでしょうか?」

菫「いくら何でも引っ付きすぎじゃないか?走塁妨害になるぞ」

宥「ファーストランナーに誰かいないと寒いから・・・」ブルブル

宥「盗塁はしないでくださいね」二コー

菫「はっ?」

咲(狙いは間違ってなかっただけどね、今のは打ったバッターの方が巧かったね)

咲「和ちゃーん!バッター集中!バッター集中!」

和「はい!」

和(大丈夫、気持ちはまだ落ち着いている)ふぅ

和(キャッチャーの咲さんを信頼してるから、咲さんが私の球を取ってくれるから)

和「ふふっ、出会った頃の私からは想像できませんね」フフッ

ウグイス嬢「6番、ファースト、井上じゅぅぅぅぅん!」

純「原村のヤロー、このピンチで笑ってやがるぜ」

純(そんな器のピッチャーなのか?原村和ってのは?)

純(・・・まぁ今は余計なことは考えず、自分の仕事をすることを考えるか)

純(今のこっちの攻撃、ノーアウトからの二連打で一三塁の絶好機)

純(今の流れは完全にこちらに来てる、いい流れがこちらにな)

純(野球ってのは流れのスポーツだ、一本のヒット、一つのプレー)

純(それだけでこれまでの流れがガラッと変わることがある)

純(つまりだ、この流れを逃して無得点なんてことになりゃあ)

純(こっちよりだったゲームの流れが向こうに移っちまうってわけだ)

純(ピンチはチャンス、その逆もまた然り)

純(この場面で点が取れなきゃ・・・!)ブゥン!

ガッ!

恒子「井上選手の打った打球は内野フライ!」

優希「オーライ!オーライ!」パスッ

咲「オッケー!ワンナウトワンナウト!」

純「くそっ!外野フライで充分だって場面なのによ!」チッ!

誠子「・・・」

ウグイス嬢「7番、レフト、亦乃せいこちゃぁぁぁぁん!!」

咲「・・・」サッ

和「・・・」コクン

和(高めのボール球・・・!)シュッ!

誠子(・・・高い!これなら!)ブン!

スパーン!

球審「ストライーク!」

恒子「亦野選手!高めのつり球に手を出してしまいました!」

健夜「打ち気が前に出すぎてますね、相手キャッチャーからすれば相手をしやすいでしょうね」

菫「亦野!楽にしていけ!決して捉えられない球じゃない!」

誠子「・・・はい」

咲(相手は今焦ってる、この回無得点で終わるんじゃないかと)

咲(その心理をついていけば・・・)ササッ

和「・・・」コクン

シュッ!

誠子(外の球・・・ボールだ!)

ククッ

誠子「なっ!?」

パシッ!

球審「ストライーク!」

恒子「二球目は見逃してストライク!」

恒子「カウントはノーツーとなってピッチャー有利!」

誠子(小さい曲がりのスライダー・・・)

誠子(ここまで一球も見せてなかった球・・・)

誠子「・・・追い込まれた」

咲(次は・・・)サッ

和「・・・」フルフル

咲「・・・」サッ

和「・・・」フルフル

咲「・・・」サッ

和「・・・」フルフル

亦野(なっ、何!?)

亦野「たっ、タイム!」

恒子「おおっと!長いサイン交換にバッター亦野選手たまらずタイム!」

健夜「今のは・・・」

亦野(ここまでの投球で相手があそこまで首を横に振ることはなかった)

亦野(相手も悩んでいる?向こうも切羽詰まっている?)

亦野(・・・何を投げてくる?)スッ

球審「プレイ!」

咲「・・・」ササッ

和「・・・」コクン

恒子「今度は一発でサインが決まった!」

亦野(ツーシーム、シュート、カットボール、スライダー、チェンジアップ・・・)

亦野(何がくる!?)

和(例えどんなサインでも、私は咲さんを信じて投げるのみ!)シュッ!

亦野「なっ!?」

バシーン!

球審「ストライーク!バッターアウト!」

恒子「原村選手!ほぼど真ん中のストレートで亦野選手を三振にとりました!」

健夜「完全に頭の中になかったという感じですね」

健夜「相手キャッチャーの巧みなリードに翻弄されましたね」

恒子「といいますと?」

健夜「相手バッターの心理をついた投球の組立方です」

健夜「初球のつり球で相手が打ち気なのを感じ取り、二球目はそれまで見せていなかった」

健夜「スライダーを使ったコースギリギリのストライク」

健夜「そして最後、三回首を振るというサイン」

恒子「あれってサインだったんですか!?」

健夜「多分そうでしょう、だからこそ最後のど真ん中へのストレートが効いた」

健夜「あそこまでサイン交換していたら、ど真ん中直球という考えはなかなか浮かんでこないですからね」

誠子「くっ・・・完全にやられた・・・」

咲「ツーアウト!ツーアウト!」

ウグイス嬢「8番、キャッチャー、渋谷たかみぃぃぃん!!」

尭深「・・・お願いします」

恒子「あっという間にツーアウトの先攻チーム!」

恒子「この回無得点で終わってしまうのかー!?」

尭深「・・・」

誠子(尭深は自分の打順の前を打つバッターの打撃結果がバッティングに影響する)

誠子(一順目のうちの攻撃はここまで一番から)

誠子(遊飛、二ゴロ、中飛、左二塁打、中安打、二飛、三振・・・)

誠子(この中のどれかと同じ結果になるのが、尭深の能力だ)

誠子(7の2、打率にして.285というところ)

誠子(野球としては決して悪い率じゃないんだけど・・・)

カコーン

恒子「あぁーっと、渋谷選手の打った打球はショートほぼ定位置の内野フライだー!」

憧「オーライ、オーライ」パシッ

恒子「この回!二連打でノーアウト一三塁のピンチを迎えた原村選手!」

恒子「なんと無失点でこの回を乗り切りました!」

健夜「先攻チームとしてはかなり悪い流れですね」

健夜「これが守備に影響が出なければいいですが・・・」

恒子「試合は2回の裏に入っていきます!」

咲「和ちゃん、ナイスピッチング!」

和「咲さんのリードのおかげですよ」ニコッ

久「ほんっとあの二人は仲がいいわね」フフッ

まこ「和にとって咲は最高の女房役なんじゃろう」

優希「のどちゃんは私の嫁だけどな!」

ウグイス嬢「4番、レフト、松実クロぢゃぁぁぁぁん!!」

晴絵「玄!気楽にいけよ!」

宥「玄ちゃん、頑張ってね」

玄「おまかせ・・・あれ・・・」ガチガチ

晴絵 宥「・・・」

晴絵「玄ってあんなタイプだったっけ?」

宥「まさか自分が4番だなんて微塵も思ってなかったでしょうから・・・」

晴絵「だからっていくらなんでもあれは・・・」

バシーン!バシーン!バシーン!

球審「ストライーク!バッターアウト!」

玄「うわわ」

晴絵「・・・駄目だったか」ハァ・・・

ウグイス嬢「5番、ファースト、松実宥っちゅぅわぁぁぁぁん!」

照(ウグイス嬢、パターン変えてきたな)

宥「お願いします」スッ

宥(ランナーが誰もいない・・・)カタカタ

尭深「・・・」サッ

照「・・・」コクン

シュッ!

ズバーン!

球審「ストライーク!」

宥「・・・寒い」ガタガタ

晴絵「う~む・・・」

晴絵(やはりランナーがいないときの宥はあまり期待できないな)

晴絵(松実姉妹のその能力は・・・)

晴絵(玄は得点圏にランナーがいるときに回ってきやすく)

晴絵(宥は塁上にランナーがいればいるほど打率があがる)

晴絵(本当は私が組みたかったオーダーは、5番宥、6番玄だった)

晴絵(この打順だと、二人の能力が安定するからだ)

晴絵(なぜなら玄の能力によって、宥がバッターボックスにいる時点でランナーがでている可能性が高いからだ)

晴絵(たとえ一人だとしても、ランナーがいる方が宥のバッティングには期待できる)

晴絵(そして宥の打率が上がると、その分得点圏に打順が回ってきやすい玄の能力がより一層栄える)

晴絵(しかし今日のオーダーは4番玄、5番宥・・・)

晴絵(もちろん型にはまれば強いのはこの並びだ)

晴絵(仮に玄が凡退しても、玄の残した得点圏のランナーがいるために)

晴絵(宥のバッティングに期待ができるから・・・、けど)

晴絵(たしかに玄は得点圏時に打順が回りやすい、だが別に得点圏打率が特別高いというわけじゃない)

晴絵(宥はもちろんランナーがいればいるほど打率は高い、満塁時の打率なんて5割近くあったはずだ)

晴絵(このことから考えるに・・・)

晴絵(この玄が前、宥が後ろの並びは、玄で攻撃が終わった場合宥が全く機能しなくなる)

晴絵(玄は得点圏打率は特に高くない、しかしランナーがたまっている場面で打席が回ってきやすい)

晴絵(『チャンスが玄を追いかける』といってもいいだろう、そのおかげか併殺が他のバッターよりも多い)

晴絵(玄で打線が途切れると、次の宥まで機能しなくなるってことだよ・・・)

バシーン!

球審「ストライーク!バッターアウト!」

恒子「先攻チーム先発宮永照選手!ここまで一番から連続の5者連続三振です!」

宥「ごめんなさい・・・」

玄「ごめんお姉ちゃん、私がランナーで出てたら・・・」

宥「ううん、打てなかったのは私だから玄ちゃんのせいじゃ・・・」

憧「はいはいはい!攻撃はまだ終わってないんだからね!」

玄「憧ちゃん」

憧「反省している暇があるんなら、声だししましょう」

憧「あんな感じでね」

穏乃「あらたさーん!打ってくださーい!」

灼「善処する」スッ

ウグイス嬢「6番、ライト、鷺森あらたそぉぉぉぉぉ!!」

灼「・・・」

尭深(あまり体格は大きくないから、ストライクゾーンが狭い)

尭深(ボール球をうまく使わないと・・・)サッ

照「・・・」コクン

シュッ!

ズバーン!

球審「ボール!」

憧「いいよバッター!球見えてるわよー!」

玄「灼ちゃんファイト!」

宥「頑張って~」

ストライク!ボール!ボール!ストライク!

恒子「さぁこの勝負もフルカウントまできました!」

健夜「ランナーもいませんし、この次はストライクを取りにくるでしょうから」

健夜「バッターとしては次の球、しっかり狙っていきたいですね」

灼(ここまで相手ピッチャーはほとんど変化球を投げてこない・・・)

灼(確か情報では縦に落ちるカーブと、スプリットも決め球として使ってくるはず)

灼(・・・どちらかに絞るか)ギュッ!

恒子「フルカウントからの6球目!投げた!」

灼(・・・読み違えたか)ブウン!

パシッ!

球審「ストライーク!バッターアウト!チェンジ!」

恒子「なんとなんとなんと!この回も三者三振!」

恒子「先攻チーム宮永照選手!ここまで完璧の内容です!」

咲「・・・お姉ちゃん」ジーッ

照「・・・ふぅ」スタスタ

菫「いい調子だな照」タタッ

照「まだまだ試合は始まったばかりだし、まだ分からない」

照「それに次の回は・・・」

菫「ん?どうした?」

照「・・・ううん、なんでもない」

灼「ごめんはるちゃん、期待に応えられなくて・・・」シュン

晴絵「・・・三回に一回」

灼「えっ?」

晴絵「三回に一回ヒットが出れば打者の勝ち、野球ってのはそういうものだ」

晴絵「次の打席期待してるよ、灼!」ポン

灼「はるちゃん・・・、うん!」

恒子「試合は三回へと入っていきます!」





続く