~宮永咲の場合~

咲「はいこれ、バレンタインのチョコ」

咲「私お料理はたまにするんだけど、お菓子づくりってあんまりしたことないんだ・・・」

咲「だから、あんまり味には期待しないでね」てへへっ・・・

咲「・・・あっ!待って待って、ここで開けないで」

咲「えっ?なんでって?」

咲「・・・だって、なんだか恥ずかしいし」カーァッ

咲「お家で、一人で食べてほしいかなって・・・」テレテレ

咲「あの・・・、食べたら感想聞かせてね」

咲「私、こうやってバレンタインチョコ人にあげるの」

咲「・・・初めてだから」カーァッ





~松実玄の場合~

玄「はいこれ!いつもお世話になってます!」ぺっこりん

玄「・・・えっ?何ってこれ、チョコレートだよ」

玄「あっ、もしかしたらもしかして」

玄「甘いものは苦手だった?・・・あぅっ、ごめんなさい」しょぼん

玄「あの・・・私そんなの知らなくて・・・あっ!」

玄「無理して食べなくていいよ!・・・えっ?おいしい?」

玄「ほっ、ほんとに?えへへっ、嬉しいなー」テレテレ

玄「手作りだから、おいしいかどうかって心配してたんだ~」

玄「でも、喜んでもらえたみたいで私も嬉しいや」ニコニコ

玄「・・・ねえ、来年もまた作っていいかな?」カーァッ




~愛宕洋榎の場合~

洋榎「あはははっ、その顔!だれからもチョコ貰えてないんやろ!」ケラケラ

洋榎「んふふふっ、かわいそうやなー、しゃあないなー」ニヤニヤ

洋榎「よっしゃ!この洋榎ちゃんがあんたにチョコあげたろ!感謝しいや」

洋榎「ほんましゃあないわー、うち優しいからなー」

洋榎「・・・」もじもじ

洋榎「・・・ちょお、そんなまじまじと見んといてや」

洋榎「なんか・・、はっ恥ずかしいやん」カーァッ

洋榎「ん!ほら!持っていきや!」グイッ

洋榎「・・・あっそや、お返しとか気にしやんでええからな~」

洋榎「うちそんなん全然期待してないから~」ニヤニヤ





~花田煌の場合~

煌「どうぞ、バレンタインのチョコレートです!」

煌「いやー、これでようやくみなさんにチョコを渡すことができました」すばら!

煌「日頃からお世話になってる人が多いので大変でしたよ」へとっ

煌「でもようやくあなたで最後です!お待たせしました!」

煌「ふふふふっ・・・、あなたにあげるのは最後と決めていたので」ポツン

煌「・・・!!」

煌「いっ今のはなんでもありません!忘れてください!」

煌「ちっ違います!あなたにあげるのは最後の方が都合が良かったからです!」

煌「あなたのだけ、他のチョコとは違うので・・・」

煌「・・・って、あぁ~~~~・・・」カーァッ





~宮永照の場合~

照「・・・」もぐもぐ

照「えっ?このチョコレートは何かって?・・・後輩たちがくれた」もぐもぐ

照「去年もこんな感じだった、まぁ私はお菓子好きだからいいんだけど」もぐもぐ

照「えっ?一個欲しい?」

照「ダメダメ、これは後輩たちが私のために作ってくれたんだもん」

照「他の人にあげたら、作ってくれた後輩たちに悪い」

照「このチョコには、作ってくれた人の思いが詰まってるんだよ?」

照「そんなこと、私はできない・・・」もぐもぐ

照「あなたには、これをあげる」ヒョィ

照「・・・私の作ったチョコ」カーァッ、プィッ









キャラ選出は自分の趣味です

みなさんはチョコレートもらいました?

自分はもらいましたよ






・・・妹から







以下コメ返


>玄ちゃんのドヤ顔が好きです

からの戦犯顔ですね、わかります


>玄ちゃんのドヤ顔が出た後の皆から殴られる流れが好き

玄ちゃんを殴った奴は問答無用で別室行き!(AA略)


>「おわり」の改変で玄ちゃんの「おもち」の奴が好き

玄ちゃん・・・おもち・・・
うっ、頭が・・・!


>   / :/  ...:/:′::/ :.:.:.....:./.:/:!:.:.:.i:..!:.:.....:{:.:.:.:.:.:ハ    /
.  /.〃/:...../:′'.::|:: i .::.:.:.:| :i:_{__|:.|:.:.:.i :|:.:.../  ̄`ヽ/      ふ
  '://:′::/斗:十 |::.::.::.:.:.:.: :}}ハ ::ハ:{:≧ト|:::/  な       な な  ぅ
 {//::{: /|i:八::{=从:{ i::::: :N孑弐{ミト∨:::|::′  る.     る .る (
.  i :从 ::::{イァ:う{ミト爪ト::::. ! ん):::::ハヽト、:{:|    ほ      ほ ほ  )
.  |.::| : \《 { ::::::: }  ヽ\{ { ::::::::: リ | :::ヽ!   ど     ど ど む
.  | ::!::|ハト.乂__ノ       ー '  | :::<    |
 八::| :|::::i /i, ,     ,     /i/ , }:::}i::人   __ ノ\
  (__):::l:::::.                 i.:/::::::::厂「{:::::::{    ` ー― ´
 / :{ | :V:入     { ̄`ソ      }/}::::}/::::::l.|:::::::|
 { ::|人::∨::::>...   `      . ィ升|:::/::::::::八::::::{





    /::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::ハ::::ハ::::::::::ム
    i:: ハ 乂 レ ノ リ:::::::}        _____________
    |:。:l. ○  ○ .|l:::::i      /
    ノ::::八xx   xx ノ::::::}     <  もっと張るのです!ボクたち!
   /:::メ:_≧-⌒-≦_::::::::i      |
  ./:::/ヽ>=Y=<, `ヽ::l      \_____________
  .て_ソ:`i  .||.   iヽl__)l
 /:::::::メ::::::.|  ||.   |:::ゞ::::ヽ